超簡易版 edge commutator part5

この記事は前回の続きです。 今回は②M列を含む場合 のii.M列2つつまり、M列のみのコミュテーターについて解説していきます。 それでは基本手順です。(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RCLT_Zu_APk ) 「DF UB UF」: M’ U2 M U2 「DF UB FU」: U (S’ r U r’ S r U’ r’) U’ (Uで①-iii…

続きを読む

超簡易版 edge commutator part4

今回は②M列を含む場合 のi.M列1つと他1つを解説していきます。 ○UBを含む UBが含まれるサイクルではadvancedM2が使えます。M2法でも無意識に回していたコミュテーターです。つまり次のような手順です。 ・「DF UB X」[M2,Y]・「DF X UB」[Y,M2] XはM列以外のステッカー、YはM2法においてXに対応するインサート手順です。 例「DF UB DL」[M2…

続きを読む

超簡易版 edge commutator part3

この記事は前回の記事 の続きです。 今回は①M列が含まれない場合のiv〜vi つまり片側のみのサイクルについて解説していきます。 iv.インナー-インナー 基本手順は次のようなものです・「DF UL FL」[UM2U',L']・「DF UR DR」[U'M2U,R2] 真面目な説明をすると前半3手のほうがインサート、後半の1手のやつがL面(R面)インターチェンジになっています。これも細か…

続きを読む